ネイリスト 資格取得方法

ネイリストとは、爪先のおしゃれの手伝いをする立場として、マニキュアやネイルアートなどの施術をするスペシャリストです。

ネイルケアの基礎や色々な技法のほか、センスなどを磨くことが必要不可欠です。

ネイリストになるには独学でネイリストと名乗ることも可能ですが、この場合、カリスマ性や即戦力としての人並み以上の技術などが求められます。

開業する、サロンで専属ネイリストとして働くなど収入のためのネイリストの資格を取得したいのであれば、ネイル技能検定等を受けてネイリストとしての資格を取得されることをお勧めします。

一番大きな資格はJNA日本ネイリスト協会が主催するネイリスト技能検定です。

基本的な技能や知識を求められる3級から、トップレベルとネイリストとして必要とされる総合的な技能や知識を問われる1級までの試験があります。

2級以上を取得することでサロン等で施術をするスキルを身に付けたといわれているようです。

受験資格に制限はありません。

筆記と実技のテストから成り立ち、100点満点中8割正解が合格ラインです。

ネイルに関してのスキルだけではなく、衛生管理や爪や皮膚に関する知識なども出題されます。

ネイリストになるためには、スクールや通信教育などを受けることで技能検定に対応した勉強をすることができます。

ネイリストの講座のみならず、スカルプチュアネイルやチップオーバーレイなどを含んだジェルネイルなども勉強し、顧客の色々な要望にもこたえられるネイリストを目指されることをお勧めします。