口臭の原因は何?

毎日の歯磨きを行っていても、口臭は悩みの種になってしまいます。

口は食べ物の租借を行うという事から、臭いや菌の繁殖しやすい状況にあるのですが、歯磨きを行う事で臭いの発生源となる菌の増殖を抑えることができます。

口臭の発生は体質によって個人差があり“出やすい”“出にくい”などの違いがあります。

口臭の原因は非常に様々なことから、原因一つ一つについて対策をご紹介しましょう。

〈口臭の原因@〜口内の乾燥〜〉口臭は口内の乾燥が原因になるケースがあります。

口内の乾燥気味の場合には、歯磨き後から臭いの発生までの時間が短くなります。

口内の通常に比べ短時間で口臭が発生してしまう原因にもなります。

口内乾燥が原因による口内の場合には、頻繁に口をすすぎ口内の水分量を増やす事で口臭予防になります。

口内乾燥の原因は“口呼吸”や“ストレスによる唾液の減少”などが挙げられます。

飴やガムは唾液の分泌を促進する事から口臭予防になります。

〈口臭の原因〜食べ物による臭い〜〉口臭は口内菌の繁殖に加えて摂取した食べ物によっても影響を及ぼします。

一般的に知られているものはニンニクやニラ、ネギなど素材そのものが臭う食品です。

このような食品を原因とした口臭は避けることで対処できます。

口臭の原因となる食品を食べた場合の対策ですが、これは専用のブレスケアの使用することで改善する事ができます。